top of page

Diary

日々のこと。想ったこと。何気ないこと。気づいたこと。気が向いた時に綴っていきます。

 

ポツリポツリ

連日、鳴り止まない雨音。


あぁ心地の良い音だな、なんて思いながら。


こんなふうにアイデアが溢れ落ちてくればいいのに。


紙に向かっている時間、ふとそんなことを想います。



最近は銀色夏生さんの詩集を目にすることが多いです。


詩の中に感じるのは、繊細で柔らかくあり、でも芯のある強さも感じる人の心情や日常に何気なくある静かで、時にトゲのある言葉たち。


そして生の時間の美しさと切なさを感じてしまいます。


すごく解放されたり、締め付けられたりする心境になり、また絵とは違う世界観に刺激を受けます。


そして銀色夏生さんが歌詞を書かれている「アイスコーヒー」という曲があります。


まるで“切ない世界”に浮かんでいる男女の関係を、ポツリポツリと綴られているようで、グッときてしまいます。


言葉の素晴らしさを伝えてくださる、銀色夏生さんの詩が好きです。


tomo.





Comentários


bottom of page