top of page

Diary

日々のこと。想ったこと。何気ないこと。気づいたこと。気が向いた時に綴っていきます。

 


父の着ている服は紺。

電車を待っている前のお兄さんの帽子は赤と白のニューエラ。

前から歩いてくるマダムの髪色は、綺麗な白髪に水色が混ざる。

見上げた空の色は、オレンジとピンクが混じり合っている。

今日の靴下の色は深めの紫。

目に映る色。


じゃあ心に映る色は?

日に日に色のついた眼鏡をかけているよう。

そうなると、どんなに綺麗な色も、くすんで見えてしまったり、眩し過ぎてしまい背けたり。

自分勝手な色を通して、相手を見てしまっていることもあって。


そのままの色を、そのままで見ること。

出来ているようで、とても難しいこと。

綺麗なものを見逃さないように、心はときどき磨いていたいのです。

tomo.



Комментарии


bottom of page