top of page

Diary

日々のこと。想ったこと。何気ないこと。気づいたこと。気が向いた時に綴っていきます。

 

進め

時々、出会う。

向かい出したら、溢れる熱。

溢れ出したら、もう止まらない。

時間も言葉も届かない。

黙々と刻んで、刻んで、刻まれて。

目の前に広がるのは、現在だけ。

日常で出会った、温かいお言葉や、尖った反応も、普通という普通じゃないことも、胸が締め付けられるニュースも、目に飛び込んでくる、耳に入ってくる寂しい現実も、それは全て吸収されて、形を変えた何かとなる。

いつか次の熱となる。

きっと分かってもらえないであろう感覚。

いつもそう思っていた。

それはどこかでいつもわかってほしいと思っていたから。

それがいつの間に、分かってもらえなくてもいい感覚となってきたとき。

少し。

ほんの少しだけでも。

自分が前進しているという実感に変わり、またもう一歩前へと踏み出せる糧となる気がする。

そんな夜中の情熱を書き記して。

tomo.

Comments


bottom of page