top of page

Diary

日々のこと。想ったこと。何気ないこと。気づいたこと。気が向いた時に綴っていきます。

 

鶴への恩返し

子どもたちをみている絵画教室内に、折り紙で作られた花や花瓶、エンジェル、富士山などが置かれています。

以前絵画教室に来ていた生徒さんの1人で、学校の後輩にあたる彼が作って置いていってくれたものです。


彼は折り紙の達人。

本当に器用で、色々なものを折り紙で作れます。

子どもたちは毎回のように、それを見ては喜んで。手に取って感動しています。


とある日に、彼にお願いをして小さい鶴を頼みました。

「2センチの鶴でいいですか? 5ミリじゃなくていいですか?」

ん、5ミリ!?

2センチも5ミリもどちらも小さいから!っていうか5ミリって鶴かも分からない!

と思いながら、最終的に2センチの鶴をオーダしたら、今回はささっと3羽作ってくれました。


それを手にした子どもたち。

目を輝かせて、すごく喜んでいました。


よし、それでは鶴の恩返しならぬ、鶴への恩返しという事で、その彼に感謝の手紙を書いてみたらと提案。

ありがとうのメッセージを書くのかなと思っていたら、子どもたちは、紙で自前の封筒を制作して、手紙を添えていました。

封筒型の袋を作ってみたり、花の形をした折り紙封筒を制作して、幹の部分に手紙を丸めて入れる手の込みよう。


鶴を見ながら言うのです。

「本当にすごいね!大きくなるまで、大切な箱に入れておこう!」


本当に子どもたちの発想には関心します。

そしてその純粋な気持ちにいつも色々と教えてもらいます。




そういう光景だったり、気持ちだったりが、描こうと思う源になったりします。

さぁ自分も頑張ろうっと。



あ、ちなみに5ミリの鶴も見ましたが、確かにちゃんと、超ミニサイズの折り目のついた鶴になってました。

本当にすごい後輩です。

tomo




最後に今日のBGM






Comments


bottom of page